収入証明書不要で借りられる消費者金融は?

貸金業界は2010年6月の総量規制が決定したことによって、消費者金融では50万円を超える借入の場合、必ず収入証明書の提出が必要となってきます。

収入証明書とは、サラリーマンであれば、源泉徴収票、自営業者では確定申告書などがあり、役所で発行してもらえる所得証明や市県民税納税通知書なども収入証明書として認められています。

総量規制ができる前までは、審査時に収入証明書が必要になるケースは稀で、必要となったとしても直近の給料明細書1か月分でOKでした。

しかし、今は、給料明細書であれば、直近2か月分が必要となっており、確実に消費者金融等の貸金業者の審査は借り手にとってデメリットが増えたと言えます。収入証明書不要で借りられる消費者金融について説明していきます。

Continue reading →

カードローン借り換えは得策なのか?

カードローン借り換えとは、1社から2社以上の借金を新たなカードローンキャッシングから借りて完済することを言います。

1社だけの借り換えを借り換えローン、複数社の借り換えをおまとめローンと呼んでいます。

カードローン借り換えは良く聞く言葉だと思いますが、いざ自分が借り換えしようと思っても、なかなか行動に移せる人は少ないのではないでしょうか?

なぜならカードローン借り換えがどれくらいお得で、デメリットは何があるのか?借り換えして後悔するのではないか?など不安が大きく、実際に借り換えした人の生の声を聞いていない分、不安要素の方が高く、結局のところ今まで通り支払をしていくパターンが非常に多いのです。

しかし、キャッシングカードローンの借り換えは、上手にすれば効果は絶大にあります!

そのまえに借り換えする心構えについて説明しておく必要があります。

カードローン借り換えの心構え

  • 借り換えはあくまでも早期完済の手段として考えるべし。
  • 借り換え後にキャッシングすることは考えないこと。
  • 手間がかかっても途中で借り換え手続きを諦めないこと。
  • 借り換え後の返済金額をしっかりと調査してから借り換えすること。
  • 借り換えしたならば、できるだけ完済を目指して突っ走ること。

カードローン借り換えに一番重要なのは、借り換えする目的です。当然ながら、低金利で借り換えすることで毎月の利息を少なくして、返済金額も減らしたい!という人がほとんどだと思いますが、最も重要なのはメンタルの部分なのです。
要するに、借り換えすることはあくまで早期完済するための手段と言うことを心に深く刻んでおいてください。
そうしなければ、借り換えしたとしても、キャッシングをすることになり、その場合、借り換え前よりも借金の金額は増え、返済金額も高くなり、支払い不能になる恐れがかなり高くなってきます。

借り換えやおまとめローン後によくある傾向として、借り換え後の限度額内での追加融資が禁止となっていることで、突発的な出費の際にどうしてもキャッシングしたくなることです。

しかし、特におまとめローン後のキャッシングはご法度となっている場合があり、キャッシングができない!と怒る人までいます。

ですが、もう一度よく考えてください。借り換え・おまとめはあくまで早期完済するための手段なのです。借金を増やすためにカードローン会社も借り換えに応じたわけではありません。

カードローン借り換えをする人は、借り換えの心構えを充分に読んでから借り換えすることをおすすめします。

カードローン借り換えであれば、こちらのサイトが非常に詳しく説明しています。参考にしてみてください。

キャッシングするなら無利息へ申込みすること!

キャッシング会社は多くあり、どのキャッシングへ申込みするか悩むところです。しかし、はっきりと言いますが、キャッシングを申込みするならば無利息が付いているキャッシング会社へ申込みした方が断然にお得なのです!

無利息があるキャッシング会社は今現在、プロミス・レイク・ノーローン・ジャパンネット銀行ネットキャッシング、住信SBIプレミアムカードローンぐらいです。

キャッシングの商品は多々ありますが、無利息ローンのキャッっシングは数少ないのです。

Continue reading →

消費者金融の魅力とは?

消費者金融の魅力とはなんでしょうか?今すぐにお金を借りたいと思った時、あなたは誰に頼みますか?一般的には親や友人、会社の同僚ぐらいなものでしょう。

消費者金融からお金を借りるという行為は日本人的にはあまり良い印象を与えません。お金を借りる=借金は毛嫌いするのはなぜなのか?

やはり、お金はその人も含め、友人関係や親子関係まで壊してしまうものだからです。お金を貸す方も、あげるつもりで貸さないと、その貸したお金はもしかしたら戻ってこないかもしれません。
しかし、現実的にはお金をあげる人などほとんどいません。自分で稼いだ大切なお金を人にそのままあげるなど、考えられないことです。

Continue reading →